• carry ann

5次元世界の恋愛と結婚はどんなスタイルになっている?アセンションシリーズ④

最終更新: 4月17日




3次元から5次元にシフトチェンジすると、そこはさまざまな個性を持ちつつも統合意識をもち、調和、平和、無条件の愛の世界になる……と、これまでのシリーズでもお伝えしてきました。


関連記事

①2020年地球の二極化はどのように進んでいく?

②2020年究極の選択!あなたは目醒めますか?眠り続けますか?

③アセンションする人としない人の関係は今後どうなっていく?




そして、そこでは恋愛や結婚もどんなスタイルになっているのだろう?……と、前々からとても興味がありました。




そこで今回は、アセンションシリーズ第4弾!

5次元世界へシフトチェンジした後の「恋愛と結婚の形」は、どんな風に変わっていく?




というテーマについて探求していきたいと思います。



5次元の男女関係に妬みや嫉妬は存在しない!


男女の出会いとは、自分の波動と同調した人との引き寄せ合いです。3次元世界では、交際期間中に互いの良い面悪い面を知り、相手の悪い面とは自分の波動の不調和の部分を見せてくれる大切な学びであり、それと向き合うことで負の感情をポジティブに昇華していく……ということに意味がありました。




しかし、5次元世界におけるパートナーとの関係は、魂レベルで合致する相手との無条件の愛の関係になります。物質的・利己的な世界から解放された調和の世界になるので、もはや男女の関係に「負の感情を昇華していく」という過程は必要ではなくなるのですね。




自分は愛そのものであり、常に満たされている状態であることを自覚している世界ですので、自分を満たすために「愛されたい!」「自分だけのものにしたい!」という他者への欲求がありません。




3次元世界では、自分だけでは満たされない「不安」や「怖れ」からくる、「癒されたい」という欲求や、「愛されたい」という欲求、そして「自分に意識を向けてほしい」などの独占欲・所有欲などが湧いてきて、常に感情を揺さぶられ振り回される状況を自ら作りがちでした。




高次元の世界では、自分の幸せのために誰かを独占する!ということが一切なくなります。お互いがつながっていることがわかるので、2人が別々に自由行動をしても不安にはならないわけです。




相手に対して、期待することや憎しみを抱くこともありませんし、


「誰かと浮気してるかも?」


といった疑心暗鬼になることもありません。2人の時間を楽しみ、また、各々の時間も互いに楽しめる、自由で自立した信頼関係で成り立っています。



もしもパートナーが自分以外の人を選んだら?


例えば、パートナーが自分以外の誰かに好意を持ち、そちらに乗り換えたとします。それでも、悲しくなったり、泣き喚いたり、引き止めたり、ケンカなどの修羅場になったりはしないのでしょうか?




答えは、YESです。




5次元世界の新しいパートナーシップの関係では、お互いが完全に自立した自由な存在なので、決して相手に寄りかかったり依存し合う関係にはなりません。




「自分がこれだけあなたを愛しているのに……」といったような愛の見返りを求めることもなく、相手の状態をありのまま受け入れます。




2人のどちらか一方が違った方向に歩み始めたということは、2人の関係での学びは終わり、新たな出発を迎えたということになります。




自分以外の誰かや何かで心を満たしたいという思いは、自分には足りない所がある……という意識から生まれてくる感情であり、高次元とは真逆な波動になります。もはや、5次元ではそういった感情自体が存在しません。




無条件の愛とシンクロしている5次元では、お互いの別れでさえも新しい扉が開いた瞬間であり、正に新たなワクワクの始まり!……というわけなのですね。



高次元の結婚とは “波動の共鳴”


高次元における「結婚スタイル」についてですが、地球より遥か高次元の世界にいる “宇宙存在バシャール” はこんな風に語っています。




関連記事

バシャールって何者?その不思議な宇宙存在について検証します




結婚とは「波動の共鳴」であると。




無条件の愛でつながり、共鳴、共振している状態が「結婚」であるとバシャールはいいます。エササニ星では、100%本当の自分になれるように星全体でお互いがサポートし合い、全ての人が全ての人と結婚しているのと同じ状態なので、地球の結婚制度のような “個人が結婚する” という概念がない……とのことです。




そして、結婚がない代わりに、全ての子供達を自分の子供のように愛しサポートを与え、いつでも無条件の愛で受け入れる体制が整っているようです。




また、エササニ星では男女のカップルは存在していますが、その他にも男性でも女性でもない両方のクオリティを持つ存在もいて、さまざまなカップルの形があるようです。




そんなお互いの波動が共鳴し合い、ありのままの自分を表現できる「無条件の愛」でつながった統合意識の世界では、自分たちの愛の形を周囲に知らしめる必要もなく、まして “一生添い遂げることを前提とした契約をかわす” ……といった結婚制度そのものが、高次の世界とかなりかけ離れている存在なのかもしれません。




地球においても、最近では従来の “結婚” という形にこだわらない、各人のニーズに合わせたさまざまな愛の形をとるカップルが増えてきています。「事実婚」または「通い婚」など……、もはや周囲や社会のルールに関係なく、自分たちの納得する形を自由にカスタマイズしていく時代に突入したのではないでしょうか。




相手を「旦那さん」や「夫」、「奥さん」や「妻」という捉え方ではなく、互いに自分らしさを表現でき、100%本当の自分になれる、対等な人生の「パートナー」として、心から共鳴・共振できる高次元的純粋な愛の形に近づいていってるのかも?しれませんね。



5次元世界の“愛の行為”について


高次元世界でもセックスはするのでしょうか?……という素朴な疑問を持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、




答えはYESです!




セックスとはスピリチュアル的観点から見ると、エネルギーの交流です。自分の持つエネルギーと相手の持つエネルギーが共鳴することであり、エネルギーを循環させることでもあります。




男性の性器は+の陽極で女性の性器は-の陰極、女性の胸は+の陽極で男性の胸は-の陰極にあたるといいますが、男性の性器から女性の性器へエネルギーが流れ、女性の胸から男性の胸へとエネルギーが流れて、男女の間に一種の円環が起こるのだそうです。




5次元世界で無条件の愛で結ばれた2人が交わす愛の行為は、自分と相手の2人の振動が共振共鳴を起こし、心もカラダも一つになるという、2人のスピリット+宇宙のスピリットの融合です。まるで悟りや瞑想と同じような感覚なのだとか……。




心から愛し合う2人が互いのスピリットに気づき、お互いが今ここにいるという存在を確認し合う愛の行為なのですから、その神聖な統合の歓喜たるやいかばかりか?など、想像することもできませんが、




宇宙人から見ると、3次元地球人はセックスに限らず、「本音と建前が完全に分離して、正反対になっているように見えて、ものすごい我慢比べをしているように見える」とのことだそうです。(う、それは言えてるかもな……。)




ちなみにバシャールのいる高次元世界でも、子供の誕生方法は地球の人類と変わらないプロセスを踏んでいたとのことなので、性的な結合は存在する?と思われますが、近年では子供の誕生はエネルギー的に出現してから物質化を果たすという、異なる方法で誕生するようになっているのだそうです。




魂が進化していくにつれて徐々に性差が薄れていき、愛という形が本能的男女愛から兄弟姉妹愛のような優しく穏やかな純粋な愛がベースとなっていくといいます。そして、最終的には肉体をもたない光になって魂だけの存在に……。







こうしてみると、5次元では「恋愛や結婚の形」が、かなり変化してくるようですね!もはや “すったもんだ” の恋愛ドラマもなくなり、失恋という言葉も存在しなくなります。




これまでは、恋愛中でも結婚してからも、相手から「求められること」で自分の存在価値を見出したり、相手の「言葉」や「態度」で一喜一憂したり、全て他者からの反応で「天国」を味わったり「地獄」味わったりする……なんてことが大半でした。




それに比べると、5次元では相手から存在価値を見出さずとも、自分一人で十分幸せなので、他者からの反応を欲しがったり、他者の反応で一喜一憂することもなくなります。




そんな、自分一人で幸せを満喫してる者同士が引き寄せ合い、100%ありのままの自分を表現し合える喜びを共有し、ワクワク情熱に従って人生を謳歌する!5次元世界では、恋愛や結婚に限らず、これまで複雑化されていたものがとてもシンプルになって、魂の自由な喜びを感じる世界になっていくのだなぁ~と思います……。


関連記事

次元上昇する地球と私たちの未来




さて、次回は「ワクワク追及とアンチエイジングの関係!」というテーマについて探求していきたいと思います。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



関連記事

ワクワクは時を超える!ワクワク追求とアンチエイジングの関係とは?




この記事がおもしろかったらシェアしていただけると嬉しいです!

   今週の人気記事!  

New!新着記事

2017 carry ann All rights reserved.